January 27, 2018

github pagesにブログを引っ越しました

2013年の1月にさくらVPSでブログを運用していましたが、github pagesに引っ越しをしました。ここ暫くはブログの更新が止まってしまっていたので気分転換をしたかったのと、VPSを安いプランに変更するための前準備です。 今回のブログは、 hugo github pages travis を利用しています。 ブログのテーマは、kiss を使っていて、一部に編集を加えています。hugoはmarkdownで記事を書くことが出来るのですが、前のブログもmarkdownで書いていたので、簡単な変換スクリプトを作成して移行しました。具体的には、 ページのurlを英字にするために、記事タイトルにgoogle翻訳をかけて変換 日付の書式をhugoに合わせる 前のブログで記事のurlが変わってしまうため、リダイレクトの設定をする。aliasesで解決 タグの設定方法をhugo形式に合わせる です。 ブログの投稿はgithubのmasterブランチにmarkdownで書いた記事をpushすると、travisの自動ビルドが走り、githubのgh-pagesブランチにpushされます。github pagesには独自ドメインを設定することが出来るので、記事のurlを変えることなく移動できました。 travisの設定 .travis.yml を リポジトリの直下に置く ビルドのslack通知。 図解: Travis CIの結果をSlack通知する方法 deployのfqdnに独自ドメインを指定する。ここでの設定がgithub pagesの設定に反映されます githubのtokenの設定, https://github.com/settings/tokens の Personal access tokens を取得して、travisの https://travis-ci.org/gepuro/gepulog/settings にある Environment Variables に追加 slack通知用にtravisコマンドを入れた時に、ubuntuのaptからインストールしたのですが、バージョンが古いせいか上手く動きませんでした。 ( bash on ubuntu on windowsを使っています。 ) そのため、gemからインストールしました。この時のrubyのバージョンは2.0.0 です。ruby2.0-devとか色々足りなかったのでエラーメッセージを見ながらインストールしました。 language: bash env: global: - HUGO_VERSION=0.32.1 - GIT_URL=https://git@github.com/gepuro/gepulog.git notifications: slack: secure: "TSEF4UkzYqZfzxxv398nzhmU7nP5OnrC6Sc+MJ7DhiWjSX+s846Msgwj6svzyBfp+FspYo7mXYC4faFgd2zod90g8XD9apmPQ9yBeP8+f2psap7PP3FtHney4OB6nFbFRsxo+Ue9YjXyMj6qycAgQ3pe7+ol8L+ZirxFVlYKoQUoE1nNElVtsVQro2D/j2UVWvV0ZttiSXQcO+AoF7+uEZAvGleGMXXR29u0AB7cLN11ASWhN8k4x5XyoBd7+L57GcgGs4OuBiUO1RB4SmoevdY+e5ozLoaoXUcw/n8TH59In4jz9ziVZ/9lMaItTblQMkKx4i9cDPCqfj0x9aKNhkYRM2uLHdL4zTPHTrwVHP/fW1p1sM+IU97cWH4/1RU9cntnUMewu3WDDNLzaapiK+4gV5d/AAVnaEoLzsXySHUfUT//Zi3h/DdcLLM+LTjfhOhxbfo2Hepnc6BYqYzeY8LSjUfL4TJpgV1wM/clnnOE0x/Gh8SNL2YvTaxzCj+2EZFF5uPPHsyWsIFaMG2+6hsnKNeRNrsSUUx5kARUN+rxfSVCJpp5ddb3x98lIrNvJ/oRSUy4iDR0xuTY+WJM142hqp5QPeQqriU9OjKNBCRU8wrfDLEuQEZTqgVjl+KrZTemBVlhk/f3jfNP2PgSnK6sjhgOhyYmG9I1uZTE+9Y=" install: - wget https://github. Read more

© gepuro 2013