October 16, 2013

Rubyをドットインストールで学んだ

普段はPythonやRを使っている人が気になった事 print,puts,pの使い分け 破壊的メソッドを利用するには、”!“をつける 配列から複数取り出す時は、hairetu[0..2]のようにする hairetu[1,2]で1番目から2個分アクセスする hairetu[1,0]=[“a”,“b”]で一番目の後に配列を挿入出来る 共通部分(&), 全体重複なし(|), 差分(-),全体重複あり(+) ユニーク(hairetu).uniq, ソート(hairetu.sort) 先頭,末尾の追加unshift,pushと削除shiftとpop ハッシュオブジェクト(連想配列) {“hash”=>10, “rensou”=>20} サイズ: rensou.size, rensou.empty?, rensou.has_key?(“hash”), rensou.has_value?(10) Timeクラスが便利,strftime(“%Y/%m/%d”) if then end, if, elsif,else =~ : 正規表現用の比較演算子 if /hoge/ =~ “fuga hoge” 参考: Ruby入門 (全32回)

© gepuro 2013