March 31, 2019

「もくもく@東京 #1」を開催しました

実験的な試みとして、もくもく会( もくもく@東京#1 )を主催してみました。 知名度がゼロで宣伝をあまり熱心にしていないので、参加登録者は5人で2人が欠席したため当日の参加者は自分をいれて3人になりました。

作業内容は次のような感じでした。

  • Kotlinの本を読みながらウェブアプリを作る(自分)
  • Railsの勉強をする人
  • httpライブラリを弄る人

Androidアプリの開発に使われることの多かったKotlinですが、最近は利便性の高さからWebアプリの開発にも利用されており、サーバーサイドKotlinと呼ばれています。 実際に利用している会社も多いようです。

国内の公開されているサーバーサイド Kotlin 採用事例まとめ

というわけで自分の流行に乗るために、Kotlin Webアプリケーション 新しいサーバサイドプログラミング の11章に沿って、画面なしのTodoアプリを作ってみました。Sparkというマイクロフレームワークなのですが、PythonのFlask同様に短いコードから開発を進めることが出来て自分好みでした。次はSpring Bootの勉強をしたい。

参加者が自分以外になるまでは、月1回を目安に開催してみようと思います。

© gepuro 2013